クレジットカードの選び方


by iprs0w1yx9

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 自然の複雑な気温変化から植物が季節を知るため、気温の長期傾向に応じて開花遺伝子の働きを調節する仕組みを、京都大生態学研究センターの工藤洋教授らの研究グループが8日までに解明した。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表される。
 研究では、日本国内に広く分布するアブラナ科の「ハクサンハタザオ」を対象とした。働きが活発化すると開花を抑制し、働かなくなると開花を促進する特定の開花遺伝子と気温の関係について調べた。
 研究グループは、兵庫県多可町で自生する6株から、1週間おきに葉を採取するなどし、2年間にわたり観察。その結果、同遺伝子は過去約6週間の気温をもとに、その時点での働きを調節し、適切な時期に開花させている実態が判明したという。
 工藤教授は「環境変動に対する植物の反応をより正確に予測できることになる。地球温暖化に対応する技術革新に貢献できる」と期待している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用
宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も延命容認
原発事業、14年度に6000億円=三菱重工
万能細胞からリンパ球=抗がん治療に応用期待

ホームに入りきらずドア開く…札幌駅着「北斗星」(読売新聞)
諫早干拓 農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
<花しょうぶ>愛知県豊橋市で満開に(毎日新聞)
荒井氏の事務所費問題 仙谷氏「問題はない」(産経新聞)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-06-12 00:12
 国土交通副大臣の辞任後、会見に応じた辻元氏。話題が辞任のきっかけとなった米軍普天間飛行場移設問題に及ぶと…。

 −−普天間問題で、政権が迷走している。今日からまた野党として始めるが、どの点を追及するのか

 (口調に力を込めて)「鳩山さんが『辺野古』へ(の移転案に)戻られたことは、一番実現が不可能に近い案にあえて固執されたと思っている。先日、民主党も含めて、181人の国会議員が『県外・国外へ』という署名を集めた。普天間問題は党派を超え、民主党内も同じ思いをしている人がいる。連携をとりながら、本当の意味での解決に結びつけていきたい」

 −−鳩山首相に対し、どう感じているか

 「今回の普天間問題で最初、県外・国外を目指したいとしたことは、本当に勇気のある姿勢だったと思う。いままで、そんなことをおっしゃった総理は誰もいなかった。しかし、同じ思いを共有し、命がけで米国にぶつかるぞというチームワーク、サポート態勢はうまく整わなかった」

 「社民党も連立政権の一角にいたのに、止めることができずに(移転先の案が)辺野古に戻る結果になった。政権の中にいたものとして、自分たちにも、沖縄のみなさんの思いを果たせなかった責任がある。その責任を自覚しながら、違った新たな選択を政権に迫っていきたい」

 「鳩山総理、良いとこも悪いところも、人間はあるんですよ。思いは正しかったが、最後まで踏ん張り、覚悟を決めてほしかった。そこが残念」

 −−今後、国交省とはどんな部分でかかわりを持つのか

 「国交省の成長戦略会議で決めたことや、観光立国推進本部で決めたことを応援したいと思っている。それと同時に、(衆院の)国交委員会で質問するチャンスがあれば、各局長に『これはどうなっている!』と問いたい」

 −−交通基本法の成立前に辞めざるを得なかったのは、無念では

 「交通基本法は日本の交通政策の憲法のようなものを作ろうとしていた。途中で現場を離れることは心配だし、無念だ。現場の第一線で取り組めなくなったことは一番の心残りです」

 −−あっという間の8カ月でしたか

 「そうですねえ、あっという間でした。本当に(記者の)みなさんには、そっけなくてすみませんでした。私自身には(小泉純一郎元首相を国会で追及した)『ソーリ、ソーリ!』の印象が強くて、なんだかいつもワーワー言っているようですが、国交省では前原大臣を支える役として徹する気持ちでした」

−−前原国交相は最後まで慰留していたが

 「大臣からは何回も慰留の言葉をかけていただき、非常にうれしかった。しかし、政権を離れるという党の決定ですので、きちんとけじめをつけたいと申し上げ、最後は大臣も『分かった』ということで、辞表を受けていただいた」

 《途中何度も涙ぐむ場面はあったが、最後はふっきれたような表情で、8カ月間を振り返った。ただ強気を装っても、国交省への“未練”は隠しようがない様子だった》

【関連記事】
辻元国交副大臣の辞任会見(1)一問一答
前原国交相「考えは官邸に伝えた」 辻元氏の後任副大臣 
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官
「2つのオウンゴールが響いた」 野田財務副大臣が普天間問題で首相の指導力に疑問符
支持率続落19%、初の2割割れ 政党支持率も自民と並ぶ

未明に民家全焼、焼け跡から2遺体…山形(読売新聞)
「徳之島への訓練移転、島民は反対」=伊藤・鹿児島県知事が発言(時事通信)
辻元国交副大臣の辞任会見  一問一答(2)(産経新聞)
交通事故 保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
「現実には無理だからこそ…」会員の思い踏みにじられる 仮想マルチ商法捜索(産経新聞)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-06-02 01:55