クレジットカードの選び方


by iprs0w1yx9

<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 【ワシントン=犬塚陽介】ハイチ大地震の被害状況の速報にからみ、ミニブログ「ツイッター」やインターネット経由の無料ビデオ通話「スカイプ」が改めて注目を集めている。被災地の生々しい傷跡が写真や文章で次々と世界に配信され国際社会の支援態勢を加速させたほか、赤十字などによる募金の要請では携帯電話やパソコンによる操作性の良さもあって、従来のテレビ広告をしのぐ効果をあげているという。

 12日夕の地震発生後、夕暮れとともに欧米メディアが現地情報の入手に苦心するなか、携帯電話などを手にしたハイチの“即席記者”が被災地の状況をツイッターに乗せて世界に発信し、克明に伝えた。

 米CNNテレビは、ツイッターでの情報提供をハイチ国民にも呼びかけ、次々と配信される現地情報をニュース番組でそのまま伝えた。また、スカイプのビデオ通話をハイチと米国のスタジオ間で結び、住民の声や特派員のリポートを放送するなどテレビカメラ以上の活躍をみせた。

 米紙ロサンゼルス・タイムズもハイチのツイッター使用者の送信コンテンツのリストを作成してネットに掲載。取材陣が現地に到着するまで、米大手メディアはツイッターで伝わる情報を最大限に報道することで速報性を保った。

 一方、募金の案内でもネットメディアが活躍している。CNNによると、ハイチ出身の著名ミュージシャン、ワイクリフ・ジョン氏がツイッターで一人5ドルの寄付を募ったところ、申し込みが殺到して一時的に接続が不可能となった。

 米国赤十字もツイッターや会員制交流サイト「フェースブック」を通じて援助を募っており、ネットメディアが発揮する効力はテレビをしのいでいる。

【関連:ハイチ大地震】
積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か
「死は至るところにある」米メディア、続々現地に
最貧国襲った巨大地震「何人が下敷きになっているのか…」
日本ユニセフ協会、ハイチ大地震で義援金受け付け開始
ハイチでM7・0の強い地震 病院が倒壊、死者数千人説も

<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
小泉被告に死刑求刑=元厚生次官宅連続襲撃−さいたま地裁(時事通信)
NTT西に業務改善命令へ=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
倉科カナに110番!引ったくり通報受理の擬似体験(産経新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-20 04:13
 原爆症認定について、長妻昭厚生労働相は14日開かれた被爆者団体との定期協議で「法律で基準を見直す方向で取り組みたい。法改正なしに、これ以上の緩和は難しい」と述べ、被爆者援護法改正に着手する意向を表明した。「放射線に起因する疾病」との原爆症の定義が見直されれば、81年に医療特別手当が制度化されて以来初めての抜本改革になる。

 月約14万円の医療特別手当が給付される原爆症の認定には、旧原爆医療法(被爆者援護法の前身)で、病気や障害と原爆放射線に因果関係があることが要件とされており、これに基づき厚労省の被爆者医療分科会が具体的な基準を定めている。認定範囲が狭すぎるとして被爆者が起こした集団訴訟で国が相次ぎ敗訴したため、基準は2度緩和されたが、その後もより広い救済が必要だとする司法判断が続いている。

 長妻氏は、原爆症の定義が「被爆者援護行政の一つの中核の問題点」と指摘したうえで「法律を見直す議論があってしかるべきだ。そうでなければ(認定制度が)変わったという実感を皆さんが持てない」と述べた。

 一方で長妻氏は、法改正の具体案や、大半の被爆者が受給している健康管理手当(月約3万4000円)の扱いについては言及しなかった。先行して現行の認定基準を修正することについても消極姿勢を示し、被爆者側からは「法改正に時間がかかり、結果的に救済が遅れるのでは」と不安の声も出ている。【清水健二】

【関連ニュース】
原爆症救済法:成立 原告の全員救済へ環境整う
原爆症訴訟:新基準外4人認定 国側また敗訴 横浜地裁
鳩山首相:被団協の代表委員らと面会
質問なるほドリ:原爆症救済法成立で訴訟問題は解決したの?=回答・塙和也
原爆症認定訴訟:義務付け訴訟 早く認定を 大阪で15人追加提訴

行き過ぎに豪州でも批判=調査捕鯨への妨害行為−農水相(時事通信)
「本国と連絡取れず」ハイチ駐日大使が会見(産経新聞)
皇居の自然観察会=5月と9月に−宮内庁(時事通信)
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突−山形県警(時事通信)
ハイチに500万ドル緊急支援=政府(時事通信)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-18 12:03
 受験シーズン到来で、今年もさまざまな“験担ぎ”商品が大にぎわいだ。あやかり切符を発売する鉄道会社にとって、受験生支援は旅客誘致や知名度アップから期待大。景気回復が見えない状況も手伝って、受験、就職…と苦しいときの神頼みがちまたにあふれている。(日出間和貴)

                   ◇

 ◆まとめ買いの教諭も

 鉄道の駅名には、幸運を呼び寄せるネーミングが各地にある。横浜近郊を走る相模鉄道(本社・横浜市西区)の「ゆめが丘−希望ケ丘」間の乗車券(通称「ゆめきぼ切符」、大人260円)もその一つ。この乗車券を使って両駅を実際に利用する客はほとんどいないという。しかし、受験シーズンを迎えると切符の売れ行きは一気に加速する。

 今シーズンは2万5千セットを準備。昨年12月28日から3月末までは両駅間の乗車券を買うと、絵馬と卓上カレンダーがついてくるとあって、クラス分まとめて買い求める教諭もいるという。

 「ゆめきぼ切符は年間を通じて販売していますが、その多くが1月に集中する。就職を控えた学生のほか、幸せになりたいと絵馬に願いを込める人も多い。夢と希望を持ちたいのは受験生に限りません」と相鉄ホールディングス業務推進室。

 相鉄グループは「合格祈願サイト」を充実させたほか、二俣川駅のおにぎり店では「合格おにぎりパック」を今月18日から発売するなどグループ挙げて受験生らを支援する。

 ◆定番のコアラ

 航空会社とのユニークなタイアップ企画もある。京浜急行電鉄(本社・東京都港区)は全日空と共同で2月末日まで、ANA国内線で羽田空港に到着した受験生を対象にした「合格祈願絵馬きっぷ」を販売している。受験生支援のため、搭乗券と受験票の提示が必要。京急線「羽田空港−品川(または横浜)」間を通常より割安(最大340円割引)で購入できる「絵馬きっぷ」は、羽田空港近くの神社で祈祷(きとう)済みという念の入れようだ。

 動物にあやかった応援グッズでは、「(木から)落ちない」験担ぎからコアラが相変わらず評判だ。

 こども動物自然公園(埼玉県東松山市)では「四天王御守」が今シーズンからお目見え。定番のコアラに加え、レッサーパンダ、フタユビナマケモノ、カナダヤマアラシを「落ちない四天王」として仲間入り。お札やコアラのフンで作ったストラップ、ユーカリの葉がセットになって1袋500円。

 地方発の受験応援グッズにも人気商品がある。青森県田舎館村の「工房まる一」は2年前から、津軽塗の滑らない技法を施した「すべらない五角鉛筆」を販売。3本入り1050円とやや割高だが、津軽塗という異色さが手伝って評判は全国に拡大中だ。

 「仕事にしている漆器を何かに生かしたいと考え、いとこの受験の応援のために作り始めた」と工房を主宰する漆芸家の工藤広一さん。全国各地の受験生の親や祖父母からの問い合わせや注文が相次ぎ、この年末年始も休日返上で発送に追われたという。

                   ◇

 ■語呂合わせにシフト

 受験生の合格祈願の習俗は、学問の神を祭った神社の信仰から「語呂合わせ」や「あやかり精神」に訴える受験グッズにシフトしている。絵馬はかつて、願い事を書いて神社に奉納するのが正しい作法だったが、今は駅やデパートにも奉納するスペースができている。

 作家の山下柚実(ゆみ)さんは「科学技術が発達しても、現代人は『神秘』や『呪術(じゅじゅつ)的行為』にひかれる感性を喪失していない。験担ぎも私たちの精神に残る感性の一つだと思う。若い人たちの心はみずみずしく柔らかいので、そうした行為が素直に外へ出てくるのではないか」と分析する。

昨年初めからMDMA=泉田被告から譲渡−押尾容疑者、女性に使用・警視庁(時事通信)
消費者ホットライン全国運用、一部見送りも(読売新聞)
普天間問題 平野官房長官が沖縄入り(産経新聞)
政治主導の人事加速、主要官僚の退任相次ぐ(読売新聞)
「おれの負け」 場外馬券場でスリ容疑の男逮捕 警視庁に挑発電話(産経新聞)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-16 03:20
 平野博文官房長官は9日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県庁で仲井真弘多知事と約30分会談した。知事は「県民は県外(移設)を強く望んでいる。そういう方向も含めて答えを出していただければと考えている」と述べ、県外移設を強く求めた。従来「県内移設容認」姿勢を示してきた知事は、鳩山政権発足後「県外移設」に向け軌道修正をはかっていたが、明言したのは初めて。

 平野氏は政府・与党の「沖縄基地問題検討委員会」で5月をめどに結論を出す方針を示した上で、政府と地元の連携を強化する考えを表明した。移設先の明言は避けた。

 また平野氏は移設先の決定に絡み、「知事の決断をお願いするかもしれない」と発言した。これに関し仲井真知事は会談終了後、記者団に「(政府・与党は)県外移設を検討していると思っていたので真意を確かめたい」と述べた。

 民主党の小沢一郎幹事長が新たな移設先として言及した下地島(沖縄県宮古島市)や伊江島(同県伊江村)については、知事は「まったく考えていない」と否定した。一方、平野氏は記者団に「ゼロベースで検討している。県外という考えがあることは承知しているが、今そのことに言及することは差し控えたい」と述べた。

 会談は公開で行われた。知事は普天間問題について「移設完了まで何年もかかる。この間でも普天間の運用レベルをぜひ下げていただきたい」と述べ、事故の危険性除去や騒音軽減の具体策に早急に取り組むよう求めた。【横田愛、三森輝久】

【関連ニュース】
普天間移設:平野官房長官が沖縄入り
普天間移設:社民政審会長が沖縄訪問 米総領事と協議
日米外相:12日にハワイで会談 同盟深化を協議
通常国会:18日召集を与野党とも了承 普天間など論戦へ
自民党:谷垣総裁が元首相3人に新年あいさつ 助言受ける

生活の知恵
アマダイづくし
m1xv03bkのブログ
お買い得情報
債務整理
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-14 16:56
 太平洋戦争前夜に日本の情報をソ連に流して逮捕、死刑となったスパイ、リヒャルト・ゾルゲの事件で、連座して逮捕された画家、宮城与徳(沖縄県名護市出身、1943年に獄中死)にソ連が出した勲章が、モスクワのロシア大統領府保管庫で見つかった。宮城のめい、徳山敏子さん(80)=米ロサンゼルス在住=が13日、東京都内のロシア大使館を訪れ、ベールイ駐日大使から勲章を手渡された。

 ゾルゲ事件後、「国賊」扱いを受け、58年に米国に移った徳山さんは、授与式の後、「一度はないといわれた勲章だったので、両手に取るまで半信半疑だった。(宮城や親類の)名誉回復につながったと思います」と感慨深げに話した。

 65年にソ連が授与を決定した「祖国戦争2等勲章」。赤星に「鎌(かま)と鋤(すき)」があしらってある。ベールイ大使は「世界をファシズムと軍国主義から解放するため貢献した人物に敬意を表したい。その一人があなたのおじだった」と、徳山さんに話した。ベールイ大使によると、近衛文麿内閣のブレーンで、ゾルゲと共に44年に死刑になった尾崎秀実(ほつみ)の勲章もモスクワに保存されているといい、大使は「遺族が望めば渡したい」と話した。【杉尾直哉】

 ◇ことば・ゾルゲ事件

 ドイツ紙の特派員として1933年に来日したリヒャルト・ゾルゲと尾崎秀実を中心としたスパイ事件。41〜42年に計35人が逮捕された。太平洋戦争開戦などに関する日本の情報を入手し、ソ連の対独戦を有利にした。

【関連ニュース】
太平洋戦争:旧海軍大将らの証言記録、刊行準備進む
南の島は戦場だった/4止 サイパンやグアムも
南の島は戦場だった/3 激戦地の島 いま観光に生きる
南の島は戦場だった/1 沖縄では約20万人の命が奪われた
まちのおすすめスポット:水戸「木村屋パン店」 /茨城

snadqp3db15の日記ブログ管理ツール
w45hbpcfのブログ
ショッピング枠現金化
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-13 20:32
【元厚生次官ら連続殺傷 求刑】(下)

 《論告は続いている。小泉毅被告が強固な殺意で犯行を重ねていった経緯を説明してきた検察官。続いて、犯行の重大性について指摘する》

 検察官「被告の犯行によって、まったく落ち度のない2人の命が失われた。また1人の生命が危険にさらされ、今も後遺症に苦しんでいる。その結果はあまりにも重大である」

 《こう述べた検察官は、被害者の事件当時の状況や、事件後の苦境などについて語り出した》

 検察官「山口剛彦さんは長年厚生省で勤務し−」

 《殺害された元厚生次官の山口剛彦さん夫妻は、一昨年4月に剛彦さんが退職した後、孫ら家族とともに、のんびりした老後を送ろうとしていたという》

 《やはり元厚生次官、吉原健二さんの妻で、小泉被告に襲われ重傷を負った靖子さんは、横隔神経が切断されて呼吸機能が低下し、疲れやすい体質になったという。手は左右とも薬指と小指の神経や腱が切断されてしまったため、その機能が完全に戻ることは期待できない》

 検察官「夫の健二さんは、自らの留守中にこのような事態が起こり、妻が自分の身代わりになったという思いから、今も自分を責め続けている。その苦痛も無視できない」

 《被害者の苦しみを語る検察官。小泉被告は、そんな検察官の方に視線は向けているものの、相変わらず表情を変えることはない》

 《続いて検察官は計画性の高さや準備の周到さについても説明。実際には、もっと多くの人を殺害する計画だったことを指摘する》

 検察官「被告が最終的に襲撃しようとしていたのは4軒の家であり、それが2軒にとどまったのは、吉原元事務次官が不在にし、靖子夫人がかろうじて逃げ出したことにより、犯行が早々と発覚することになったからである」

 「被告の計画通りに事が運んでいたならば、もっと多くの人が命を失っていた可能性が高い」

 「本件を、2名を殺害し、1名に重傷を負わせただけの事件と捉えてはならない」

 《さらに検察官は、犯行後も一貫して自己の正当性を主張し、反省の色を見せない小泉被告を断罪する》

 検察官「被害者について1匹、2匹という数え方をしたり、『マモノであって人ではない』などというなど、死者を冒涜し、遺族や生存被害者、その家族らの思いを逆なでするようなことを平然と唱えている」

 「『自分の決起はまだ未完成』といい、完成とは『マモノを皆殺しにすること』だと言い、『次に生まれ変わったらもう一回やります』と述べるなどいまだに殺意を捨てていない」

 「このように、犯行後の情状も、極めて悪い」

 《小泉被告の動機の身勝手さについては、検察官は動機の一部に小泉被告の飼い犬、チロの一件があったことを認める一方、結局は自己満足のための無差別連続殺人だったと断言する》

 検察官「被告は飼い犬のあだ討ちと正当化するが、自らの達成感を得たいがための無差別的な連続殺害事件にすぎない。(一方で)約34年前にいなくなった飼い犬のあだ討ちをしたいという復讐(ふくしゅう)心のようなものがあったことは否定できない」

 《小泉被告は愛犬の名前を出されても相変わらず微動だにしない》

 《だが当然、検察官は飼い犬のあだ討ちが動機として認められるべきはないと指摘し、その動機も不純だと疑問を呈した》

 検察官「こうした動機は同情を寄せる余地もない。人を殺害するあだ討ちの理由として到底、肯定されるものではない。さらに動機は被告が言うほど純粋でもない。『自分は動物好き』と言うが、犬や猫を救うボランティアや殺処分を減らす活動をしておらず、無為徒食の生活を送っていた。しかも飼い犬が殺処分されたのか確認されておらず、被告自身が確認しようとした形跡もない」

 《続けて検察官は、小泉被告が元厚生次官とその関係者のみならず、かかわりがあった民間会社社長らの殺害を計画していたことに言及。犯行の無差別性を強調した》

 検察官「近所の建築工事の苦情から建設会社社長の命を狙い、交通事故の示談交渉が気に入らず保険会社会長、社長の命を狙い、インターネットの批判記事から元最高裁判事を最終ターゲットにした。『たくさんの厚生事務次官らを殺せば、どうせ死刑になるのだから腹の立つ相手も一緒に殺そう』との身勝手さで、社会的地位の高い者を殺害して達成感を得て、自らの人生に幕を下ろしたいという欲求があった」

 《続けて小泉被告の精神鑑定に当たった精神科医の言葉を引用、一連の事件が飼い犬のあだ討ちという純粋な思いではなく、一種の自爆テロだったと断じた》

 検察官「医師は『(動機の)中心に愛犬問題があったとしても飼い犬だけをクローズアップするのは適切ではない。自爆テロ的な側面がある』と証言している」

 「本件は、被告人が達成感、満足感を得て、人生の最期を達成感で飾りたいための無差別連続殺人だ」

 《続けて小泉被告の再犯の可能性へ言及し、更生は不可能とした》

 検察官「反省させ更生させることは不可能。被告は『現世でやり残したことはない』というが、『生まれ変わったらもう一度やります』とも述べ、殺意を捨てていない」

 《ここで検察官は死刑を望む被害者感情に触れる》

 検察官「亡くなった山口剛彦さん夫妻の長男、○○さん(実名)は『尊敬できる父と優しい母。孫の顔を見せたかった』と、二男の○○さんは『まだまだやり残したことがあったはず。母はガンに冒されながらも立派に添い遂げた』」

 《ここで、検察官は一呼吸を置いた》

 「2人は普通の善良な夫婦。ただ元厚生事務次官とその妻というだけで殺された。遺族の憤りは当然である」

 《さらに吉原健二さんと妻の靖子さんも極刑を望んでいることを紹介する》

 《そして、とうとう求刑となった。それまで早口でしゃべっていた検察官だが、ここにきて抑揚を付けた大きな声となる》

 検察官「無差別的に2人を殺害し、1人に重傷を負わせた前代未聞の連続殺人事件。極悪非道で一部の同情の余地もなく、遺族は極刑を望んでいる」

 《小泉被告は極刑理由が述べられる間、目を開いたたまま動じない様子だ》

 「最高刑を持って臨む以外になく、被告が自供したことや、前歴がないことをかんがみても、自らの命をもって償う以外にない。よって被告を死刑に処することが相当である−」

 《伝田喜久裁判長が閉廷を告げると、それまでまっすぐ検察官だけを向いていた小泉被告は、初めて上半身を傍聴席側にねじって上の方を見た》

 《その視線の先には壁掛け時計。小泉被告が死刑を求刑された瞬間、時計の針は午前10時35分を指していた》

 《次回公判は、2月10日午後1時半から。弁護側の最終弁論が予定されている》

【関連記事】
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
元厚生次官ら連続殺傷 小泉被告に死刑求刑
元厚生次官ら連続殺傷 再犯の可能性口にする被告に検察側が求めるのは… きょう論告求刑
元厚生次官ら連続殺傷 「マモノとは何か」とただす裁判官 被告は「あだ討ちだった」
元厚生次官ら連続殺傷 弁護側の精神鑑定を却下 被告は「心臓めがけて狙った」

わたる世間は○○ばかり
なんくるないさ
クレジットカード現金化 比較
債務整理
携帯ホームページ
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-13 15:11
 日米間の核持ち込みなどの「密約」問題を検証している外務省の有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は12日までに、当初予定していた1月中の報告書の取りまとめ時期を2月下旬に延期することを決めた。密約の存在を確認する文書の精査や同省OBら関係者からの聞き取り調査に時間がかかっているため。
 同省のこれまでの内部調査で、米軍の核搭載艦船や航空機の寄港・通過の黙認と、朝鮮半島有事の際の在日米軍基地の自由使用に関する密約の存在を裏付ける文書を確認。また、沖縄の核再持ち込みに関する密約文書を、佐藤栄作元首相の遺族が保管していたことも明らかになった。
 有識者委員会では、これらの資料を基に、密約が交わされたとされる当時の時代背景を分析するとともに、現在も効力を有するかなどを検証しているが、関係文書が多岐にわたり、解明が遅れているのが現状だ。同委では作業を促進させるため、今後は歴代の外相経験者からの聞き取り調査も検討する。北岡座長は近く、岡田克也外相にこうした方針を報告する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

働き盛りの、キャバ嬢ブログ
自転車通勤
競馬情報
カードでお金
現金化
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-13 02:33
 長妻昭厚生労働相は5日の記者会見で、自営業者らでつくる国民健康保険組合(国保組合)に「国の補助金を受けながら手厚いサービスを提供している」などの批判が出ていることを受け、補助金の実態を今週中に公表する方針を明らかにした。

 国保組合には平成21年度で医療給付費に対する補助金計2967億円や、「特別調整補助金」と呼ばれる別枠の補助金計230億円が支出されている。長妻氏は早急に実態を把握し、補助金削減も検討する考えを示した。

【関連記事】
首相「正念場の1年だと覚悟」 予算案成立を最優先課題
休眠法人売買 「闇の錬金術」暗躍するブローカー
大阪最後の“一等地” エコ拠点に転換へ
NHK関連会社が補助金4400万円を不正受給 会計検査院が指摘
エネ庁の間接補助、全事業が応募1団体 「官業癒着」との指摘も

よしおのブログ
丘の上の秀麻呂
クレジットカード現金化
モバイル ホームページ
無料携帯ホームページ
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-12 18:57
 鳩山首相や民主党の小沢幹事長の「政治とカネ」が問題化する中、税金を原資とする政党交付金制度の在り方が改めて注目されている。

 自民党は18日召集の通常国会で、小沢氏が党首を務めた自由党が解散した際、政党交付金を国庫に返納しなかったことなどを追及する構えだ。

 ◆揺さぶる自民◆

 「藤井さんが辞任しそうだ。自由党幹事長当時のカネの問題を国会で追及されたくないということだ」

 藤井裕久・前財務相の辞任に先立つ今月3日夜、自民党の閣僚経験者が谷垣総裁に電話でこう告げた。この議員も自由党出身で、当時の政治資金の不透明な処理が小沢氏や藤井氏の「弱点」であると推察した。予算編成を巡る小沢氏とのあつれきや健康不安だけが辞任の理由ではない、というわけだ。

 自由党は2003年9月に解散し、民主党と合併した。自由党は解散当日、すでに党に支給されていた政党交付金を、党の政治資金団体だった「改革国民会議」に5億6096万円、所属国会議員の政治団体などに500万円ずつ計1億7500万円を寄付するなどして使い切った。

 政党助成法は、解党時の残金について「総務相が返還を命ずることができる」と定めており、自由党の処理方法には「返還逃れ」との指摘がある。

 自民党は18日召集の通常国会に、解党を決めた政党が他の政治団体に政党交付金を寄付することを禁じる政党助成法改正案を提出する構えだ。成立の見通しはなく、民主党、とりわけ小沢氏を揺さぶる狙いであるのは明らかだ。

 改革国民会議は現在も一般の政治団体として存続しており、08年時点で10億円余りの資金を持つ。08年の政治資金収支報告書によると、小沢氏を支持する民主党の若手衆院議員グループ「一新会」に500万円を寄付するなど、小沢氏の政治活動を支えている。

 西松建設の違法献金事件では、検察側は改革国民会議が献金の受け皿になったと追及している。自民党は「返還すべきだった政党交付金と違法献金が今も小沢氏のために使われているなら、決して終わった話とは言えない」(幹部)と主張している。

 ◆小沢氏が差配◆

 自由党時代の政治資金問題はこれにとどまらない。

 自由党の政治資金収支報告書は、藤井氏個人に02、03両年で計約16億円を支出したと記載しているが、「あまりに巨額で不自然だ」との指摘が出ている。自由党OBの一人は「資金の扱いは小沢氏が決めていた。藤井氏は幹事長として名義を貸しただけではないか」と見ている。

 背景には、政党が政治家個人に渡した形を取れば、金額の制限もなく、使途報告書の提出なども求められないことがある。巨額の政治資金の実際の支出先は不透明になる。

 政党の政治資金を議員個人に渡して「組織対策費」などとして記載する例は、民主、自民両党にもみられる。

 民主党が「組織対策費」として特定の議員に資金を集中させるようになったのは、小沢氏が代表に就いた後の06年9月からだ。

 民主党の政治資金収支報告書によると、06〜08年の間、財務委員長と国会対策委員長を歴任した山岡賢次衆院議員に計17億310万円、山岡氏の後任の財務委員長である佐藤泰介参院議員に計5億3000万円が支出され、2人に計22億3310万円と集中している。このほか、輿石東参院議員会長に計4000万円、鉢呂吉雄選挙対策委員長(当時)にも計1500万円が支出されている。

 自民党も、06年の収支報告書によると、幹事長を務めた武部勤、中川秀直両氏に対し、在任中にそれぞれ4億5300万円、2億3900万円を支出している。

 (政治部 鈴木雄一、山田真也)

アマダイづくし
2010年誰の年
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-12 13:29
 保養・宿泊施設「かんぽの宿」譲渡などをめぐって問題が指摘された日本郵政の旧首脳陣の経営実態を明らかにするため、総務省が外部の専門家らを招いて検証委員会を設置することが7日分かった。郵政民営化に伴う経営の問題点について調査し、3月末までに報告をまとめる。
 検証委は弁護士や公認会計士のほか、前衆院議員で同省顧問の亀井久興、保坂展人両氏らで構成し、12日に初会合を開催。日本郵政からの資料提供や関係者へのヒアリングなどを通じ、かんぽの宿問題のほか、全面見直しとなった日本通運との宅配便統合計画、クレジットカード発行や広告業務などでの委託先選定の経緯について検証する。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

タイタンズ2010
平成の牛若丸
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-01-09 16:33