クレジットカードの選び方


by iprs0w1yx9

季節知る遺伝子の働き解明=ハクサンハタザオで―京都大など(時事通信)

 自然の複雑な気温変化から植物が季節を知るため、気温の長期傾向に応じて開花遺伝子の働きを調節する仕組みを、京都大生態学研究センターの工藤洋教授らの研究グループが8日までに解明した。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表される。
 研究では、日本国内に広く分布するアブラナ科の「ハクサンハタザオ」を対象とした。働きが活発化すると開花を抑制し、働かなくなると開花を促進する特定の開花遺伝子と気温の関係について調べた。
 研究グループは、兵庫県多可町で自生する6株から、1週間おきに葉を採取するなどし、2年間にわたり観察。その結果、同遺伝子は過去約6週間の気温をもとに、その時点での働きを調節し、適切な時期に開花させている実態が判明したという。
 工藤教授は「環境変動に対する植物の反応をより正確に予測できることになる。地球温暖化に対応する技術革新に貢献できる」と期待している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用
宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も延命容認
原発事業、14年度に6000億円=三菱重工
万能細胞からリンパ球=抗がん治療に応用期待

ホームに入りきらずドア開く…札幌駅着「北斗星」(読売新聞)
諫早干拓 農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
<花しょうぶ>愛知県豊橋市で満開に(毎日新聞)
荒井氏の事務所費問題 仙谷氏「問題はない」(産経新聞)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-06-12 00:12