クレジットカードの選び方


by iprs0w1yx9

リンパ腫治療薬SGN−35の海外フェーズ3試験を開始―武田薬品など(医療介護CBニュース)

 武田薬品工業と子会社の米ミレニアム社、米シアトルジェネティクス社は4月8日、リンパ腫治療薬SGN-35について、自己幹細胞移植後に残存するホジキンリンパ腫によって再発リスクの高い患者を対象に海外フェーズ3試験(AETHERA試験)を開始したと発表した。日本での開発については未定。

 SGN-35は、シアトルジェネティクス社の特許技術を使った抗体-薬物複合体(細胞を死滅させる薬剤を正確にがん細胞に運ぶモノクローナル抗体の結合物)。悪性のホジキンリンパ腫細胞に発現するCD30抗原を標的とする。

 現在評価中のフェーズ2試験の結果を基に、再発・難治性のホジキンリンパ腫を適応症として、欧米で「迅速/条件付き承認」取得を目指している。販売許可申請は、2011年前半を予定。AETHERA試験は「正式承認」に向けて、このフェーズ2試験を補完する位置付けとなっている。

 ミレニアム社は昨年12月、シアトルジェネティクス社とSGN-35の共同事業化契約を締結した。これにより、武田グループは米国とカナダを除く全世界の独占販売権を取得するとともに、海外での開発費用の半分を負担している。


【関連記事】
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会
武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始

民主執行部は体制刷新を=事実上の小沢氏辞任要求−岐阜県連(時事通信)
<海洋観測船>二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
「反民主」平沼新党、きょう夕に結成会見(読売新聞)
連合会長、鳩山政権に「グランドデザインがない」(産経新聞)
平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-04-12 16:10