クレジットカードの選び方


by iprs0w1yx9

「ひな祭りフライト」2社で=操縦、整備も女性が担当−羽田空港(時事通信)

 桃の節句の3日、日本航空と全日空は、副操縦士を含めたほとんどのスタッフを女性でそろえた「ひな祭りフライト」を実施した。
 日本航空は1994年、パイロット要員として初めて女性を採用。現在、グループで10人の女性副操縦士がおり、女性整備士94人も活躍している。
 2003年度から女性パイロットを採用した全日空も現在、グループ全体で14人の副操縦士、63人の整備士がおり、かつては男性ばかりだった職種にも女性が進出した。
 ひな祭りフライトはこうした背景から、まだ女性がいない機長を除き「女性だけで飛行機を飛ばしてみよう」と、日航が昨年初めて実施。今年は全日空も同様のフライトを企画した。
 双方ともボーイング767型機で、3日午前に羽田空港を出発。ロビーで女性スタッフとの記念撮影会が行われるなど、さまざまなイベントが繰り広げられた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

生き埋め 工事中1人死亡 岐阜・各務原 (毎日新聞)
H氏賞に田原氏(時事通信)
<雑記帳>応援を電気に変換 スタジアムで「床発電」 神戸(毎日新聞)
<伊方原発>3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし(毎日新聞)
津波 養殖棚が流出「被害は億単位」、肩落とす漁協も(毎日新聞)
[PR]
by iprs0w1yx9 | 2010-03-10 21:41